日本語 ENGLISH

「優しい暮らし」
のために

日本エスエルシーは動物愛護の精神を尊び
大切な研究テーマにあった実験動物を提供してまいります

受託業務
Commissioned work

動物実験支援を通して、正確性・迅速性を第一に
各種研究開発を支援いたします

1997年からの実績があるトランスジェニック動物や
キメラマウスの作出技術サービスです

マウス、ラットの系統維持・委託生産を
行なっています

あなたの研究をサポートする
各種の外科処置病態モデル作製業務

取扱製品
Products

粉塵が空中に飛散しにくい「ペパークリーン」や
柔らかい北米産モミを使用した「ソフトチップ」など
高品質な床敷や巣箱を取り扱っています

アメリカの動物用飼料大手メーカーである
「PMI Nutrition International」との間で日本代理店
契約を結び同社製品を販売しています

会社情報
Company information

最新情報
Information

2024
01/29

加齢マウス生産・販売のご案内(2024年4月開始予定)

加齢マウスC57BL/6NCrSlc,C57BL/6JmsSlcの生産・販売を2024年4月より開始いたします。超高齢化社会を迎える日本において、フレイルやサルコペニアおよび認知症といった疾病に対応するモデル動物が必要となります。弊社で供給する加齢マウスは、SPF環境下でエージングするため良品質であると共に、お客様施設で長期間飼育することによるスペースの確保などのご負担を解消します。この機会に是非、ご利用ください。

2024
01/29

ALSモデルラットのご案内

筋萎縮性側索硬化症ALSは神経・筋疾患のなかでも治療法が極めて乏しく全身の筋萎縮が進行する過酷な疾患であり、神経難病の象徴的疾患とされています。ALSのモデル動物としては変異SOD1遺伝子導入マウスが広く用いられてきましたが、ALSモデルラットの作製により脊髄や脊髄腔に対する治療的なアプローチが可能となりました。
ALSラットは将来的な遺伝子治療を含めた新しい治療法開発のために非常に有用なモデルとなることが期待され、ES細胞やiPS細胞から分化させた運動ニューロンを脊髄へ直接移植する研究にも利用されています。今後、ALSモデルラットとして変異SOD1遺伝子導入ラット(Slc:SD-Tg(SOD1H46R-4))の供給が可能となります。

Rats Expressing Human Cytosolic Copper Zinc SuperoxideDismutase Transgenes with Amyotrophic Lateral Sclerosis Associated Mutations Develop Motor Neuron DiseaseDisease. Makiko Nagai,1 Masashi Aoki,1 Ichiro Miyoshi,2 Masaaki Kato,1 Piera Pasinelli,3 Noriyuki Kasai, 2 Robert H. Brown Jr,3 and Yasuto Itoyama1 Itoyama1.
J Neurosci. 2001 Dec 1;21(23):9246-54. doi: 10.1523/JNEUROSCI.21 23 09246.2001.

2023
11/27

加齢マウス関連研究発表のご案内:第97回 日本薬理学会年会

2023年12月14日~16日に開催される第97回 日本薬理学会年会において、弊社加齢マウス(C57BL/6NCrSlc)を用いた研究発表に関するご案内をいたします。

演題番号:1-B-SS5-1
演題:喘息モデルマウスにおける免疫機能と病態の加齢変化
演者:金木 真央 先生(麻布大学 獣医学部 薬理学研究室)

2024
2/13

令和6年1月分
微生物モニタリング検査成績表(PDF)

2024
1/11

令和5年12月分
微生物モニタリング検査成績表(PDF)

2023
12/11

令和5年11月分
微生物モニタリング検査成績表(PDF)

関連団体
Related Organizations